理学療法士を辞めたいと思った時が辞めるタイミングです。

・PTを辞めたいんだけど、いつ辞めるの伝えるべき?

こんな疑問にお答えします。

この記事を書いている私は、理学療法士として転職をした経験が何度もあります。

トラブルになることもなく、すんなり前の職場を退職することができました。

このような経験をもとに今回の記事では、

・理学療法士を辞めるタイミングと伝えるタイミング

このような内容について分かりやすく解説しています。

理学療法士を辞めたいと思った時が辞めるタイミング

理学療法士を辞めたいと思った時が辞めるタイミング

理学療法士を辞めたいと思った時が辞めるタイミングです。

無理に続ける必要はありません。

また、

転職は悪いものではないということを理解しておいてください。

キャリアアップのためにも必要になってくることがあります。

  • 理学療法士の転職は珍しくない
  • うつ病になってからでは遅い
  • PTとして本当にやりたいことは?

理学療法士の転職は珍しくない

理学療法士の転職は珍しくありません。

PT,OT,STだけでなく、看護師などの医療従事者は、転職の多い職種です。

前向きな転職をしている方は数多くいます。

また、

理学療法士が転職する際には、転職サイトを使うとスムーズに転職することができます。

登録しておくべき理学療法士の転職サイトはこちらから。
>>【2020最新】理学療法士の転職サイトおすすめランキング

うつ病になってからでは遅い

無理して嫌な職場で仕事を続けていたら、メンタルがやられてしまいます。

うつ病になってからでは遅いです。

先ほども言いましたが、辞めたいと思った時に辞める決断をしましょう。

いじめ・パワハラなど職場の人間関係が悪いのも立派な理由です。

いざとなれば、訴えることもできます。

録音などで証拠を残しておくことが重要です。

担当患者の引き継ぎとかもう知らないから、すぐに辞めたいという人は、退職代行サービスを使うことをおすすめします。

退職代行ガーディアン」なら当日退職も可能です。

理学療法士が使う退職代行サービスについて詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
>>理学療法士って退職代行サービス使える?【こんな人は使おう】

PTとして本当にやりたいことは?

PTとして本当にやりたいことはなんですか?

そこの職場にこだわる必要はありますか?

いつまでたっても希望する分野でのリハができなければ、成長するはずがありません。

自分のやりたいことをやれる環境を探しましょう。

職場に辞めることを伝えるベストタイミング

職場に辞めることを伝えるベストタイミング

理学療法士を辞めたいと思った時が辞めるタイミングです。

しかし、

担当患者さんをほったらかしにしてはいけません。

職場に辞めることを伝えるベストタイミングは「3ヶ月前」です。

前もって伝えておくことで、担当患者の引き継ぎを終わらせてしまいましょう。

引き継ぎが終われば、有給でも取得してのんびりすることができます。

まとめ:理学療法士を辞めたいと思った時が辞めるタイミング

辞めたいと思ったら、すぐに行動に移しましょう。

3ヶ月前に前もって退職することを伝えることで、担当患者の引き継ぎなどでトラブルになることがなくなります。

前もって準備することで、すんなり退職することができます。

コメント