理学療法士って退職代行サービス使える?【こんな人は使おう】

・理学療法士って退職代行サービスを使える?

こんな疑問にお答えします。

退職代行サービスは、テレビやネットによって取り上げられ話題のサービスになっています。

今回の記事では、

・理学療法士は退職代行サービスを使えるのか

このような内容について共有していきます。

理学療法士は退職代行サービスを使えるのか

理学療法士は退職代行サービスを使えるのか

退職代行サービスとは、労働者に代わって退職の処理を行ってくれるサービスです。

この退職代行サービスは理学療法士が退職をする際にも使うことができるのでしょうか?

結論としては、理学療法士でも退職代行サービス使うことは可能です。

しかし、

実際は、理学療法士は使うことをためらうことが多いです。

他の職種とは違って、「今日で辞めます」がしにくい職業です。

担当患者の引き継ぎなどが必要になってくるからです。

理学療法士が退職サービスを使うなら

病院による執拗な引き留めによって、退職を延期させられたり撤回させられたりすることがあります。

そのようなことがないようにスムーズに退職の処理をしてくれるのが、退職代行サービスを使うメリットです。

こんな場合には、退職サービスを使うことを考慮しましょう。

・1回辞めたいことを伝えたら、執拗な引き留めにあった

・今やめたら損害賠償するなど言われた

・一刻も早く辞めたい

・理学療法士としては、もう働く気がない

もう担当患者とか知らんから、法律的に問題ない範囲で、できるだけ早く辞めたいというなら、退職代行サービスを使うことがおすすめ。

退職代行ガーディアン」なら当日退職も可能です。

違法な退職代行サービスが横行しています。

労働組合が行っている退職代行サービスの「退職代行ガーディアン」なら安心です。

理学療法士なら転職サイトを使うべき

理学療法士なら転職サイトを使うべき

円満に退職して、転職を目指すなら「転職サイト」を使うべきです。

キャリアサポーターが転職をサポートしてくれます。

理学療法士向けの転職サイトなら様々なサポートを無料で受けることができます。

・非公開求人の紹介

・履歴書、職務経歴書の添削

・面接対策

・円満退職への相談

このようなサービスを受けれるので、登録しておくべきです。

登録すべき転職サイトについては、こちらの記事でまとめています。

まとめ:理学療法士は退職代行サービスを使えるのか

労働者は基本的に退職の自由が保障されています。

理学療法士として転職をするなら、理学療法士向けの転職サイトを使いましょう。

とにかく、1日でも早く辞めたい人は、退職代行サービスの「退職代行ガーディアン」に相談しましょう。

コメント