呼吸療法認定士の効率的な勉強法【おすすめの講座・参考書】

・呼吸療法認定士の効率的な勉強法ってある?

・おすすめの講座や参考書とかを教えて欲しい

こんな疑問にお答えします。

今回の記事では、

・呼吸療法認定士の効率的な勉強法

このような内容について分かりやすく解説しています。

呼吸療法認定士の効率的な勉強法

呼吸療法認定士の効率的な勉強法

おすすめの呼吸療法認定士の効率的な勉強法は2通りあります。

・e-ラーニング講座での勉強

・市販の参考書での勉強

自分の好きな勉強スタイルを選ぶようにしましょう。

どちらを選んでも合格することができます。

1つ1つ解説します。

呼吸療法認定士 e-ラーニング講座で学習する

呼吸療法認定士 e-ラーニング講座で学習

医療系資格試験専門のアステッキが提供する「呼吸療法認定士 e-ラーニング講座」は、専門知識がゼロでも理解できるようになっています。

スマートフォンやタブレットがあれば、時間や場所を選ばずに勉強することができます。

無駄な知識を省き、効率よく勉強することが可能になっています。

呼吸療法認定士 e-ラーニング講座の料金

呼吸療法認定士のe-ラーニング講座には、3つのパックから選ぶことができます。

動画セットフルパックフルパック
プレミアム
全20章の
e-ラーニング講座
e-ラーニング
専用テキスト
過去問題集×
過去問題集(応用)×
対策アプリ
(一問一答)
×
模擬試験××
まとめ演習問題集××
講座料金14,800円19,800円24,800円


e-ラーニング講座に含まれている「過去問題集」と「過去問題集(応用)」はAmazonで単品で購入することもできます。

e-ラーニング講座のメリット

「呼吸療法認定士 e-ラーニング講座」のメリットは、4つあります。

  • 時間・場所を選ばずに勉強できる
  • 複数のデバイスで勉強できる
  • 効率よく合格を目指せる
  • スキマ時間で勉強できる

1つ1つ詳しく解説していきます。

時間・場所を選ばずに勉強できる

e-ラーニング講座は、時間・場所を選ばずに勉強することができます。

インターネット環境があれば、学習を開始できます。

e-ラーニング講座は、スマホ1つでOKです。

契約期間内なら何度でも繰り返して視聴することが可能です。

複数のデバイスで勉強できる

スマホだけでなく、パソコンやiPadなどのタブレットでも学習を進めることが可能です。

家ではタブレットで勉強、カフェでは、スマホで勉強など自分の気に入ったスタイルを選んで勉強することができます。

効率よく合格を目指せる

e-ラーニング講座は、試験内容だけを徹底的に解説してくれます。

過去の試験情報を毎年分析しているので、効率よく合格を目指すことが可能です。

昨年度の呼吸療法認定士試験の合格率は67.2%のところ、認知症ケア専門士eラーニング受講生の合格率は91.8%と高い合格率を誇っています。

スキマ時間で勉強できる

e-ラーニング講座は、1レッスンが10分前後の時間で勉強することができるようになっています。

ダラダラと勉強するのではなく、短い時間で集中して勉強することができます。

また、通勤や休憩時間などのスキマ時間を有効活用して学習することもできます。

忙しい理学療法士の方でも、無理なく学習を続けることができます。

呼吸療法認定士を市販の参考書で勉強する

呼吸療法認定士を市販の参考書で勉強

呼吸療法認定士の試験対策を市販の参考書する方法も効率的でおすすめです。

以下の2つのテキスト・過去問集がおすすめです。

・病気が見える vol.4 呼吸器

・呼吸療法認定士 再現過去問題集

1つ1つ解説していきます。

病気が見える vol.4 呼吸器

この「病気が見える vol.4 呼吸器」は、教科書・テキストとして使うのがおすすめです。

全て覚えるのではなく、以下で紹介する過去問題集で分からなかった範囲を復習するために使いましょう。

病気が見えるシリーズは、理学療法士の方なら知っていると思いますが、図表などを豊富に用いて解説しているので、初学者でも分かりやすいです。

e-ラーニング講座を受講しないのであれば、まずは復習用のテキストとしてあると便利になります。

呼吸療法認定士の再現過去問題集

上記で紹介したように、呼吸療法認定士 e-ラーニング講座の過去問集だけをAmazonで購入することができます。


再現過去問題集(応用)には、「実際に間違いやすい問題」や」要点をついた応用問題」、「ひっかけ問題」が多数出題されています。

再現過去問題集(応用)は、基礎は出来上がっているが、問題傾向対策・基礎レベルの向上などを目的としている方におすすめです。


この呼吸療法認定士の再現過去問題集の良いところは3つあります。

・本番の試験にそっくりな内容になっている

・丁寧な解説が記載されている

・アプリが付属している

本番の試験にそっくりな内容になっている

毎年、呼吸療法認定士を受験した人から、試験問題などの試験情報を提供してもらっているので、かなり本番の試験にそっくりな内容になっている。

提供してもらった情報を専門スタッフによる分析・編集しているので、高品質の過去問題集です。

毎年、改訂されており、最新の試験情報も多数記載されています。

丁寧な解説が記載されている

全ての問題に、丁寧な解説が記載されているので、効率よく勉強することができます。

この過去問題集と病気が見える 呼吸器があれば合格を目指すことは可能です。

しかし、

学習の初期段階ではあまり理解できないこともあるので、不安な人は、e-ラーニング講座を受講することをおすすめしています。

アプリが付属している

付属しているアプリは、一問一答の形式で勉強できるアプリです。

スマホがあれば、呼吸療法認定士の試験対策をすることができます。

アプリをダウンロードして、シリアルコードを入力するだけで、学習を開始することができます。

呼吸療法認定士の試験対策でよくある質問

呼吸療法認定士の試験対策でよくある質問をまとめました。

呼吸療法認定士は独学でも合格できるの?

結論としては、呼吸療法認定士は独学でも合格できます。

市販されている参考書を使って勉強することで、合格は可能です。

しかし、

独学で不安な方の人のために、e-ラーニング講座が用意されているので、心配しなくてOKです。

まとめ:呼吸療法認定士の効率的な勉強法

呼吸療法認定士の効率的な勉強法として、一番のおすすめは「e-ラーニング講座」です。

自分の好きな時間で勉強することができるので、挫折することなく続けることができます。


呼吸療法認定士の資格は、理学療法士の方の取得が増えてきています。

日々の仕事は忙しいですが、合間を見つけて勉強するようにしてください。

コメント