理学療法の学生なら「病気が見える」はコレを買え【おすすめ3冊】

・「病気が見える」シリーズで、理学療法士におすすめってある?

・実習から国家試験まで使えるのだと嬉しい!

こんな疑問にお答えします。

この記事を書いている私は、「病気が見える」シリーズを全部購入しました。

実習から国家試験、そして就職してからも使える「病気が見える」についての知識は豊富にあります。

今回の記事では、

・理学療法士におすすめの「病気が見える」シリーズ

このような内容について分かりやすく解説しています。

理学療法士(学生)におすすめの「病気が見える」シリーズ

理学療法士(学生)におすすめの「病気が見える」シリーズ

理学療法士(学生)におすすめの「病気が見える」シリーズは以下の3冊です。

・vol.2 循環器

・vol.7 脳・神経

・vol.11 運動器・整形外科

理学療法士なら、この3冊を買っておけばOKです。

1冊ずつ解説していきます。

病気が見えるvol.2 循環器

理学療法士が循環器の勉強をするなら、「病気が見えるvol.2 循環器」が、分かりやすいです。

循環器は、理学療法士の国家試験にも頻出な範囲です。

心不全などの心疾患だけでなく、心電図などについても学習できるので、実習中にも、かなり役に立ちます。

病気が見えるvol.7 脳・神経

理学療法専攻の学生が最初につまずきやすいのが、脳・神経の分野です。

解剖学の本だけで勉強していると、頭の中がパニックになりやすいです。

病気が見えるvol.7 脳・神経」は、分かりやすくまとめられているので、手を離せられなくなります。

私は、実習中ずっと持ち歩いていました。

脳・神経を勉強していけば、頭の中で脳血管や神経をイメージできるようになれますよ。

病気が見えるvol.11 運動器・整形外科

運動器・整形外科の分野は、理学療法専攻の学生なら、学校で購入させられる教科書だけでも充実はしています。

しかし、

分かりやすさでいったら、「病気が見えるvol.11 運動器・整形外科」に軍配があがります。

このシリーズの根底にある、『みて理解する』ことができるので、苦手意識がある人におすすめします。

今持っている教科書で何も不満がなければ、「病気が見えるvol.11 運動器・整形外科」は購入しなくてもいいです。

まとめ:理学療法士におすすめの「病気が見える」シリーズ

理学療法専攻の学生におすすめの「病気が見える」シリーズは次の3冊です。

特に上2つの「循環器」と「脳・神経」は、かなりおすすめです。

実習中から国試、そして就職してからも使うことができます。

「病気が見える」シリーズは、カラーイラストで図が多く、苦手意識がある人でも、覚えやすくなっています。

理学療法の学生の間は、さまざまな参考書に手を出そうとしています。

まずは、良書と呼ばれている参考書で勉強してみましょう。

記憶に定着しやすくなります。

コメント